遺族が会いに行けるスタイルの自然葬は

自然の中で眠る自然葬は、従来の墓石で立てられたお墓には入らず、自然そのものに還りたいと考える人に人気の埋葬スタイルです。


野山に遺骨を撒く散骨や、海に遺骨を撒く海洋葬などが自然葬の代表的なものです。



ただこれらの埋葬スタイルは自然に還りたいという故人の願いを叶えることはできますが、残された遺族が個人の存在を感じられなくなるのが欠点です。

自然葬サイトを今すぐ確認してみましょう。

遺族の中には従来のようにお墓で眠ってくれたほうが安心できるという人も多いでしょう。

NAVERまとめの情報探しをお手伝い致します。

このように自然葬を望む人と、従来のようなお墓に眠って欲しいと願う人の両方の望みを叶える方法として注目されているのが樹木葬です。

樹木葬は墓石の代わりに樹木を植える埋葬スタイルで、現在全国各地の霊園などでこの樹木葬を取り入れるところが増えています。樹木葬のいいところは、遺族がいつでも故人に会いに行けることです。

野山や海に散骨する場合と異なり、実際に大切な人が底に眠っているということを感じることができます。

故人としても樹木の下で眠ることになりますので、自然と一体になりたいという願いを叶えることができ、双方にとってメリットのある埋葬スタイルといえます。

また墓石を用いるより、費用がかからないのもこの樹木葬の魅力の一つです。
霊園にもよりますが、数人が同じ場所を利用することもできますので、家族が同じ場所で眠ることも可能です。

さらに永代供養を実施しているところもあるなど、今までのお墓が抱える様々な問題を解決できる可能性がこの樹木葬にはあります。